読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの人が言ってた

「人生に期待するな 人生に期待するな」

大好きな友達のはなし

 本当になんの目的もない、くっだらない話ができる友達というのは本当に最高で、そんな友達としてりょーゆーくんがいます。

 こういう遊びをしてたんですよ。

 僕らもう27歳になりましたけど、未だにこういう遊び方ができるのは本当に幸せなことだなと思うのと同時に、りょーゆーくんとはいつまでもこんなことをしているんだろうなという感覚もあります。

本当に本当に無意味な時間だけれども、こんなに充実感のあった時間というのもここ最近では久しぶりでした。

 

だんだんと意味のある話をすることが、どうしてもやっぱり、増えてきてしまいました。

仕事はどう? とか、あの人結婚したね。とか、あの映画観た? とか。

全然いいことなんですけど、やっぱりどこかで、まだまだアホでいたいような。

とはいえ、もう大人なので、アホと思われるのも癪なような。

なので、アホになるためには同じタイミングで、同じアホさのアホになってくれるような人が必要です。

 そういう人が周りにいてくれてよかったなぁと思います。

 

インスタントジョンソンはバンドだったらちよっと渋めのガレージロック系だし、ロッチは歌謡ロック寄り、三村マサカズはサマーズのメインボーカルでアコギ一本でソロライブをやったり他のアーティストのカバーやコラボも積極的にやってそう。江頭2:50はハードコアテクノ。海砂利水魚は女性ベーシストでボーカルは甲高い声の男。ハイロウズは8年目の吉本芸人、THE MANZAI 2014認定漫才師。サディスティックミカバンドは女一人と男二人のトリオで、SMコントを得意としていてミカ様が結構きれいなので最近ピンでのテレビ出演が増えてきている。スネオヘアーは2年目のマセキ。RCサクセションは2年に1回くらいキングオブコントの準決勝で名前を見る、9年目。コレクターズは25年目、劇場芸人。水中、それは苦しいはそのまんま。

 

わかりますかね? こういうのをわかってくれる人がいるだけで、生きやすいですよ(そうかな?)。

 

また遊ぼうね。

君の名は。は僕のためじゃなく

 

完全に馬鹿にするつもりで『君の名は。』を観てきました。
そしたらまんまと良かったんです。悔しい。
どれくらい良かったかというと、TLに感想のブログとかのリンクが貼ってあったら見に行っちゃうくらい。
なんなら自分で検索かけちゃうくらい。
 
見てると色んな感想があるんですよ。
みんなが観てる作品だから、そりゃ色々ね。
 
「おっぱいが最高だった!」
うんうん、おっぱいはいつだって最高だよ。
 
「パンツが見えたので星3つです!」
うんうん、パンツも最高だね。
 
プリティーリズムは本当にいいものだなぁ」
これは僕の感想ですね。感想とは。
 
「矛盾点が多すぎる」
まあ、確かに、勢いに誤魔化されたみたいなところはあるかもしれませんね。
でもそういうもんじゃん、人生ってさ。
彼らも夢見心地だったっぽいし。
 
「主人公に感情移入できなかった」
おっ?
 
 
 
 
 
============
  ここからネタバレ
============
 
 
 
 
 
 
いや、どんな感想があってもいいんです。いいんですけど、僕が引っかかったのはそういう感想。
 
特に「高校生がパンケーキ1,600円するようなカフェに入り浸るか?」って。
 
あのさあ。
 
じゃあ聞きますけど東京のイケメン男子に生まれたことがあるんですか?
東京のイケメン男子高校生ですよ?
 
僕のような地方でくすぶってた、100円のパックジュースを買うかどうかでめちゃくちゃ悩んでた、結局あきらめて1日飲まず食わずでいたら低血糖になってぶっ倒れた、そうして貯めたお金でオナニーマシーンのアルバムとかをツタヤで借りてた、あとラジオライフとかゲームラボももちろん買ってたな、そういう意味ではテッシーには感情移入できるかも!確かに僕もいつも町を爆破することばっかり考えてたな〜〜〜!!いや待て……??できなかった〜〜!!!!!毎朝あいつ女連れとるぞ!?!?!あ、あ、ありえん!!!!うらやま死〜〜〜!!!と、そういう高校生じゃないわけですよ。
 
そんな奴がSGHLDK(スーパーグレイトハイスクールライフ男子高校生)こと瀧くんに感情移入なんて、できてたまるかって話でしょう。
 
もし僕が瀧くんだったとしても、
奥寺先輩とのデートは当日になってビビって
「すみません、祖父が亡くなりました!」
ってすっぽかして終わるでしょう。
入れ替わりが起こらなくなったところでも
「なんだったんだ……とりあえずシコっとくか」
つって、おっぱいの感覚を思い出して、シコって、寝て、終わり。
というよりそもそも三葉ちゃんとの入れ替わりが起こった時点で怖くて部屋から出ませんよ。(ただ多分自慰はする)
 
あと、瀧くんはきっとクラスで流行ってる音楽は一通り聴いちゃいますよね。
もう本当にすんなりと、息をするようにヒットチャートを受け入れるのでしょう。
僕のように「流行ってる音楽全部しょうもねえ」って、「何がバンプオブチキンだ、バンプっつったらこっちだろ」って、ひとりで机に突っ伏してマルコシアスバンプ聴いたりしないわけでしょう?
 
もう住む世界が違うんですよ。
 
三葉ちゃんにしても同じ。
あんな田舎に、めちゃくちゃ可愛い娘がいるわけないでしょ。
それでおばあちゃん子で聡明でウブで。
いないでしょ。 いないでしょ!!
地方の可愛い女の子は、だいたい14〜16歳で初体験を済ませ、あとは髪にメッシュを入れたり、ドンキに行ったり、ピアスを開けたりしながら、二十歳前くらいで結婚するはずでしょう。
そうじゃなきゃアレです。匂い立つような芋の香り。
もう明るい農村も裸足で逃げ出す勢いで芋臭い。そんな女の子のはずです。
 
つまり主役二人が完全に奇跡。
そんなものに感情移入しようってほうが無理なんですよ。
 
だから高校生のくせにお高いカフェに通ってても文句はないわけです。
いっそ読者モデルとかやってたほうがリアリティがあったかもしれないですね。
でも瀧くん、別に目立ちたがりじゃないから断ったのかもしれないな。きっとそう。そうであれ。
 
そんなわけで、あの映画観て「リア充が〜」「感情移入ができなくて〜」「RADWIMPSが嫌い〜」とか言って素直に彼ら彼女らの愛を祝福できないようなやつはもう徳が低い。
来来来世でも東京のイケメン高校生になんかなれません。
 

 

 
はい。
 
しかもめちゃくちゃダサいことにこのあと前前前世買ったんですよね。

 

前前前世

前前前世

 

来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!無理なら羽虫とかでいいでーす!